大伴旅人

典拠について

万葉集、三十二首序

大伴旅人、太宰府(福岡)にて
730年/天平2年、正月十三日
宴の席にて、詠む

当時の代表的な花は、梅

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック