テーマ:読書

3作目/長浦京氏

先日の読了 マーダーズMURDERS 発行は講談社、書き下ろし第一刷発行 2019年1月 著者は、長浦 京 さん1967年埼玉県生まれ大卒、出版社、放送作家、2011年デビュー『赤刃』、『リボルバー・リリー』 本作は、3作目 クリック していただけると、恐縮です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦天満宮

先日の読了 鳥居の密室世界にただひとりのサンタクロース 書き下ろし発行は、新潮社発行 2018年8月 著者は、島田荘司さん1948年、広島県生まれ 女性の絞殺体、密室錦天満宮の鳥居脇の建物鳥居が、家に食い込む 密室アンソロジー『鍵のかかった部屋』収録作の世界にただひとりのサンタクロース本作に前記短篇が使われている 初めての島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏のカレー

あさイチ を視聴 清原果耶さんがゲストブルー系の長袖のワンピース 最後に告知だろう、ドラマ『螢草 菜々の剣』 クイズとくもり、夏カレー 〜 電子レンジで調理、ツナ缶のオイル スパイスカレー、齋藤絵理さん(魯珈) 清原さんの隠し味は、コーヒー 気仙沼・メカカレー、メカジキ(メカといえば、ハーモニカ) 清原さんの告知は、特集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著者の本を愛読

骨を弔う を読了 発行は、小学館2018年8月 刊行 003〜318ページ目次なし初出の記載なし参考文献有り 著者は、宇佐美まことさん1957年愛媛県生まれ 小学5年生の5人、リーダーは女子女子は2名、男子が3名リーダーの提案、5人であることをする 29年が経つ、夢と小さな記事家具職人の男性が、かつての友に会いに行く 友の同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那須湖

最近の読書 犬神家の一族 (角川文庫) 金田一耕助ファイル5 昭和47年6月初版発行 初出 雑誌『キング』1950年1月号 初めての横溝さんの作品読みやすい クリック していただけると、恐縮です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説の映像化

過日の読了 アノニマス・コール 発行所は、角川書店 著者は、薬丸 岳 さん 1969年兵庫県生まれ 2005年デビュー 2015年6月30日 初版発行 初出 小説 野性時代 平成25年10月号~26年12月号 加筆・修正、3~407ページ 薬丸さんの著書、『友罪』以来の読了
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無知の暴露

先日の読了 筋読み 著者は、田村和大さん 1975年神奈川県生まれ 弁護士、福岡県在住 NHK、入社半年で退社 広島で報道記者 発行は、宝島社 このミス、第16回優秀賞 単行本、8~286ページ 警視庁捜一課殺人犯捜査第4係 男性、警部補(主任)、筋読みの才能 論理学的、数学的な才能 ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物書き

「タイプライターズ」を視聴 芸能人のオススメ本 ~ ◇押切もえさん 『砂上』、桜木紫乃氏 ◇東出昌大さん 原作物、俳優部は悩む 『禁色』、三島由紀夫氏 画像は、江別駅(北海道)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働き方改革

「チコちゃんに叱られる」を視聴 チコちゃん、日本で2番目に高い山は? 答え、北岳/3193m、山梨県 雲海に浮かぶ富士山 CGスタッフのためのコーナー チコちゃんの顔が映らない 北岳、樋口明雄さんの著書の舞台 ちなみに樋口さんは北杜市に在住 クリック していただけると、恐縮です {%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵はボーヤ

今週の読了 テレビ探偵 著者は、小路幸也さん 北海道生まれ 角川書店 2018年12月 初版 初出は、文芸カドカワ 連載・2017年9月号~2018年9月号 主人公は、チャコ(男性) バンド(5人組)のボーヤ(雑用係) 昭和43年の正月から 出演番組は、土曜の20時 チャコは、志村けんさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一級検事と新米事務官

先日の読了 能面検事 (のうめんけんじ) 005~287ページ 著者は、中山七里さん 1961年岐阜県生まれ 違う活躍を読みたい シリーズ化に期待 そして、映像化 発行は、光文社 2018年7月30日 初版第1刷発行 初出 小説宝石 2017月1月号~10月号 検事(男)と事務官…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Detective

先日の読了 木足の猿 (もくそくのさる) 2017年2月 刊行 発行は、光文社 著者は、戸南浩平さん 本作でデビュー 1966年静岡県焼津市生まれ 第20回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞 選考会は、2016年10月25日 応募総数は、194編 白骨の首、改題・改稿 1876年、外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブール

「指揮権発動」を読む 笹本稜平さんが著者 2019年1月 刊行 角川書店 初出は、小説 野性時代 6~477ページ 装画に、検事のバッジ アフガニスタンで事件 邦人が殺される 主人公は、検察官 所属は、東京地検特捜部 事務官を伴い現地へ 一緒に調べるのは、公安と刑事 警視庁公安外三、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婆可安湖

先日の読了 屍人荘の殺人 (しじんそうのさつじん) 発行は、東京創元社 2017年10月 刊行 鮎川哲也賞受賞作 著者は、今村昌弘さん 宿の見取り図、登場人物 8~306ページ 主要参考文献 私大(関西)の1回生(男)、ミステリ好き ミステリ好きの3回生(男)に誘われ入会 2回生(女)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島の僻地

先日の読了 凶犬の眼 著者は、柚木裕子さん (ゆづき ゆうこ) 発行は、KADOKAWA 刊行は、2018年3月 初出は、小説野性時代 2016年6月号~ 大幅に加筆修正の上、単行本化 『孤狼の血』の第2弾 日岡巡査、駐在に異動(比場郡・中津郷) 第3弾を連載中(暴虎の牙) クリック して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊賀の喰代

「忍びの国」を読了 和田 竜 さんが著者 (わだ りょう) 発行は、新潮社 平成20年5月 刊行 文庫、児玉 清 さんが解説 (平成23年1月) 映画化/2017年7月公開 大野 智 さんが主演 クリック していただけると、恐縮です {%下降webry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪島の漆器

先日の読了 リベンジ 著者は、柴田哲孝さん 発行は、双葉社 2018年10月21日 初出 小説推理 2017年7月号~ 加筆、修正を加えた 能登の4月、塗師屋造りの工房 …、『デッドエンド』 2014年5月刊行 IQ170を超える父と娘 塗師の義父に師事、笠原武大 娘の萌子、伯父の家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロイヤルパークホテル

最近の読了 マスカレード・ホテル 著者は、東野圭吾さん 発行所は、集英社 刊行は、2011年9月 初出は、小説すばる 2008年12月~ 3~461ページ 取材協力は、ロイヤルパークホテル 明日、映画公開 刑事が、ホテルに潜入 フロントクラークとして 優秀な女性が、指導・教育・補佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物書きの頭の中

「タイプライターズ」を視聴 ~物書きの世界~ 第11弾 小説家の頭の中を覗き見する番組 MCが2名、芥川賞作家が2名 4名の物書きが登場 羽田圭介氏、いつもの詰め襟学生服 昨年12月から作曲教室に通う 音楽プロデューサーになる! 佐久間一行さん(又吉直樹氏が注目) 高山一実さん(羽田氏が注目) 乃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっぴりもれたろう

先日の読んだ本 おしっこちょっぴりもれたろう 作者は、ヨシタケ シンスケ さん 絵本屋さん大賞を受賞、4年連続で受賞 とても気が小さい いつもメモ帳を携帯、ガマ口型ポーチ 満ち足りていると、書けない 作家になって5年(45歳) タイトルに共感、経験あり、あるある 『あさイチ』を視聴 クリック …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央区月島

先日の読了 正義のセ 日本テレビでドラマ化 吉高由里子さんが主演 著者は、阿川 佐和子 さん 1953年、東京都生まれ 発行所は、角川書店 平成25年2月28日 初版発行 初出 小説 野性時代 2011年4月号~10月号、加筆・修正 第一章~第三章、5~286ページ 中央区月島、竹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演習は未解決事件

先日の読了 継続捜査ゼミ 著者は、今野 敏 さん 発行所は、講談社 第一刷発行 2016年10月18日 初出 週刊現代 2015年7月~ 3~333ページ、1~18 世田谷公園の裏、カトリック系の女子大 人間社会学部、刑事政策演習ゼミ 教授(現代教養学科)は、元警視庁の刑事 定年退官…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦後の鮨

先日の読み物 鮨に関するエッセイ 書き手は、十数名の著名人 気になる文章を書いたのは、池部良さん 池部さんは俳優、随筆も書いた 昭和20年代、東京・江戸前寿司 鮨がまだそんなに人気が無い頃 店主が、集客のために考案 酢飯の上に、タクアン、タコの頭を薄く刺身に 何かの塩辛、砂糖を振る 美味しくはなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝田駐屯地

先日の読了 深山の桜 著者は、神家正成さん 1969年生まれ 愛知県春日井市出身 発行は、宝島社 優秀賞を受賞、加筆後に刊行 第13回/2014年8月29日 『このミステリーがすごい!』大賞 主人公は男性、定年までわずか、4月1日生まれ 実家は、北の大地の零細農家 勝田駐屯地・施設学校、准陸尉 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報道の記者

初めての著者 竹内 明 (たけうち・めい) 1969年生まれ 神奈川県茅ケ崎市出身 慶應義塾大学法学部卒業 1991年にTBS入社 『Nスタ』のキャスター (2017年3月まで) 報道記者、国際諜報や外交 2009年、ノンフィクション 2014年、諜報ミステリー小説 先日の読了 スリーパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本部係の検察官

過日の読了 検察側の罪人 著者は、雫井脩介さん (しずくい・しゅうすけ) 1968年、愛知県生まれ 発行所は、文藝春秋 文春文庫、上巻・下巻 単行本 2013月9月 刊行 2017年2月10日 第1刷 主人公は、男性の検事 東京地検・刑事部の本部係、次期副部長 北海道出身、大学時代は根津で下宿 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

監察医

先日の読了 炎の画策 上野正彦 原案・監修 監察医シリーズ 著者は、柚原瑠璃子さん 1955年、静岡県生まれ 湘南在住、初の著書 上野正彦さん、医学博士 1929年、茨城県生まれ 元東京都監察医務院院長 『死者は語る』 発行所は、ポプラ社 2011年10月5日 第1刷発行 書き下ろし 00…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厄介叔父

先日の読了 草雲雀(くさひばり) 著者は、葉室 麟 さん 1951年北九州市小倉生まれ 地方記者を経て作家へ 2005年に受賞、デビュー 2012年、直木賞 発行所は、実業之日本社 2015年10月10日 初版第1刷発行 初出 月刊ジェイ・ノベル 2014年7月号~2015年4月号まで連載 3~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サハラ

先日の読了 サハラの薔薇 著者は、下村 敦史 さん 1981年京都府生まれ 2014年、文学賞受賞 初出は、文芸カドカワ 2017年2月号~10月号 加筆、修正を加える 発行は、KADOKAWA 2017年12月21日 初版発行 7~344ページ、目次あり 参考文献は、35冊 考古学物の男性(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケのハヤシライス

先日の読了 流星の絆 著者は、東野圭吾さん 発行は、講談社(文庫) 2011年4月15日第1刷発行 2008年3月、単行本を刊行 5~617ページ、1~53 TBSにてドラマ化、2008年10月 犯人を既知、避けていた 連続ドラマ、ほぼ観なかった しかし、最終回の後半を視聴 560ページ、5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more